あなたに最適な
RPA ​ソリューションを 

農業

植物工場などロボット(ソフト)が定型的な作業を自動化。24時間365日稼働でき、何といっても人間によるエラーが削減。今農業は室内ではなく、屋外でのトラクターなどの実用化に向けていますが、天候や農地の状況が日々変化する作業(非定型的)をどこまで実現できるか。安全性の確保が課題となっています。

金融

銀行業界は、事務関連の業務が最も多い業界の一つです。

・入出金の細かい処理

・利用者へのメール送信

など、複数の事務業務が発生します。しかもこれらは大量に発生し、従来ノンコア業務(企業の利益に直結しない創造性の低い業務)にもかかわらず膨大なリソースや処理時間が必要でした。

RPAは、毎日のように大量に発生する決まり切った業務の自動化に威力を発揮します。そのため創造性の高い業務が多い分野では活用範囲があまりありませんが、創造性の低い業務が多い銀行業界では導入の効果が見込めます。

教育

人口減少や少子高齢化の問題に直面する日本社会において、欠かせないのが教育現場のデジタル化です。教職員の業務負担は深刻な社会問題となっており、学校における「働き方改革」、つまり現場の教職員がおこなう学校業務の効率化と生産性向上は急務です

このような学校の「働き方改革」の一つの解となっているのが、RPAをはじめとするデジタルテクノロジーの活用です。学校の教職員は、煩雑な事務作業などにかける時間をできる限り短縮し、学生に向き合う時間を増やすことで教育の質の向上を実現していかなければなりません。RPAを導入し、現場の業務効率化を実現する教育機関が増えています。

エネルギー&ユーティリティー

データの入力・登録作業の自動化

データの確認・照合作業の自動化

集計作業の自動化

問い合わせ対応の自動化

自治体

少子高齢化の影響で人口の減少が止まらない我が国では、2040年頃には総人口が100万人規模で減少していくことが予想されています。また2025年には、国民の4人に1人が75歳以上になる「2025年問題」に直面する事実を突きつけられている状況です。

そのため、我が国の労働人口は非常に少なくなってきており、地方自治体では労働力の確保が深刻な課題になっています。地方自治体で働く人が減ると、さまざまな行政インフラやサービスが満足に受けられなくなる可能性があるため、住民にも大きな影響が出るでしょう。

しかしながら、少子高齢化を改善して早期に労働人口を増加させることは、物理的に不可能です。よって、現在多くの地方自治体で、業務効率化によって生産性を向上させようとする施策の検討や実施が行われています。

地方自治体で毎日行われるシステムへのデータ入力や登録作業は、RPAで自動化しやすい作業のひとつです。

住民からの申請データをシステムへ入力・登録したり、Webからダウンロードしたデータをシステムへ入力したりする作業を自動化できます。そのため、これまで作業にかかっていた工数が大幅に削減できますので、職員の負荷を下げることができるでしょう。

RPAを導入すれば、データの確認や照合作業も自動化することができます。また人が確認作業を行うと間違いが発生しますが、RPAであればそのような心配もいりません。

RPAであれば、一度設定したルールにしたがって、確実にデータの正誤を判別することが可能です。これは間違いが許されない地方自治体の現場においては、非常に大きなメリットだといえるでしょう。

地方自治体には多くの申請書や明細書などが届きますが、一定のタイミングで集計を行わなくてはなりません。ただし、その種類や量が膨大になると、集計作業に時間がかかるという問題があります。

しかし、集計作業もRPAの得意分野のひとつです。よって、RPAで集計作業を自動化すれば、より早く正確な作業を行うことができます。