RPA×証券投資
​RPA×リモートワーク

人材不足や長時間労働の是正といった世間の流れもあり、RPAの導入に踏み切る企業は右肩上がりに増えています。

業務の効率化や残業時間削減を目指して、自社での導入を検討している方も多いのではないでしょうか。

弊社は、証券・銀行・サービス各業界で業務効率化を実践してきたRPAのプロ集団です。

みなさまの職場の、複雑化・高度化した業務の効率化を実現いたします。

・pythonとseleniumuによるWEBスクレイピングで株式発注を自動化したい。

・株主優待取りのための信用売り注文をリスト発注したい。または、発注がとおるまで自動発注を繰り返したい。

・岡三RSSでオリジナルロジックの自動発注システムを構築したい。

・AUカブコム証券のAPIを活用した発注システムを構築したい。

​・SBI証券のIPO抽選申し込みについて、ボタン一つで申し込み可能な新規上場すべてに申し込みしたい。

・仕業様などにおいて、請求書発行業務を自動化したい。

・不動産賃貸物件管理業務を効率化したい。

・請求、被請求データからマネーフォワードなどの会計システムにデータを自動連係したい。

・AWSに作られたデータベースにSQL文でアクセスして、必要な情報が網羅されたエクセルシートを作成したい。

・WEBアプリ業務システムへの定型入力作業を自動化したい。

・WINDOWSリモートデスクトップ/Chromeリモートデスクトップでのリモートワーク環境を構築したい。

など、業務効率化、自動化に関するご相談を小さなもの(イニシャル5万円程度)から大きなもの(イニシャル300万円程度)までご相談をお受けしております。

RPA 「Robotic Process Automation」

RPAとは「Robotic Process Automation」の略であり、ロボットによる業務の自動化を意味します。近年ではAI技術の発展により、人間だけでなくロボットも仕事ができるようになってきました。このRPAという言葉は2016年ごろから使われており、大幅な業務の効率化が実現できることから、多くの企業が関心を持ち導入が急激に増えつつあります。

 

RPAとは

RPAは業務を自動化するツールです。人間が作業手順を指示すると、「ロボット」と呼ばれる作業員がRPAシステムの中で動き回り、業務が自動的に進んでいきます。

RPAの仕組み

RPAで業務を自動化するためには、まず人間が現状の業務手順をRPA用にシナリオ化する必要があり、そのシナリオに基づいてRPAが業務を進めていくことになります。

セキュリティ上のリスク

情報漏洩などのセキュリティリスクを低減するために社内のセキュリティ対策を見直す必要があります。

業務の自動化による効率と品質の向上

RPA導入の目的であり最大のメリットは「自動化による業務の効率化」です。RPAは与えた指示(シナリオ)の通り業務を行うことができるため、業務に必要な時間を削減できます。

労働環境の改善や人件費などのコスト削減

RPAを導入すれば、今まで時間がかかっていた業務も短時間で完了できます。無駄に発生していた残業を削減することができ、労働環境の改善を実現します。

カスタマーサポート
コンサルティング

RPAからは離れますが、カスタマーサポートは、企業のレピュテーションの維持・向上のため、大変準用になってきています。

お客様の声

1つのシステム処理にはまとめることができない、いろいろなソフトを動かして行う業務があり、時間がかかっているものがありました。
この業務のPC操作の一連の流れを自動化して作業時間を短縮させるため、RPAを導入しようと思いました。

今まで毎日30分程度かかっていた業務処理が5分程度で終わるようになったものがあり、 作業時間短縮、ミス発生防止に非常に効果があると感じています。

サービス業S社様

 

初回コンサル申し込み

まずは、簡単に効率化したい業務内容をお教えください。

・日程調整のうえZOOMでミーティングをお願いいたします。

・必要に応じて、NDA締結のうえ、職場に伺ってヒアリング・業務内容の調査を行います。

・お見積り、納期、支払い条件等をご提示いたします。

・内容確認のうえ、ご発注いただきます。